肌荒れの原因は鉄分不足?

肌荒れ
肌荒れの原因はさまざまですが、≪鉄分≫が関係していることをご存知でしょうか。

季節の変わり目、体調不良などで肌荒れしていませんか。
肌が作られる仕組みから、≪鉄分≫をただしく摂取することで肌荒れ改善になればと思います。

肌が作られる仕組み
栄養素(食物)をとる
[1]→消化→血液によって運ばれる
[2]→肌がつくられる
[1]と[2]のとき、≪鉄分≫が必要となります。

栄養素を摂る

栄養素(食物)のひとつとして
肌を作るには、「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」をバランスよく摂取することです。
食材だと、
「タンパク質」は、肉や魚介類、乳製品、大豆製品
「ビタミン」は、ニンジン(ビタミンA)やほうれん草(葉酸)、みかん(ビタミンC)など13種類
「ミネラル」は、のり(マグネシウム)やレバー(鉄)など9種類と種類も多いです。
また、コラーゲン合成に鉄分が欠かせないのです。

血液を運ぶ
全身/肌に酸素を運ぶ際に赤血球(ヘモグロビン)が重要な役割を果たしています。
ヘモグロビン=鉄+タンパク質で出来ているため、鉄不足になるとヘモグロビンが作れなくなり酸素不足となるのです。
血液中の酸素不足になると、貧血(鉄欠乏性貧血)になるだけでなく、肌への栄養素も運ばれなくなるため、貧血気味の人は肌荒れを起こしているのです。

摂取量
貧血と肌荒れ改善に必要な≪鉄分≫ですが、毎日10mgが摂取目安とされています。
食事から栄養を取ることがいちばんですが、カロリー過多や他の栄養をの取り過ぎてしまうこともあるので、サプリメントで補給することも良い方法です。

ヘム鉄と非ヘム鉄
食物に含まれる鉄には、ヘム鉄と非ヘム鉄があります。
ヘム鉄は、動物性食品の肉や魚。吸収率10~20%。
非ヘム鉄は、植物性食品の野菜や海藻。吸収率1~6%。
体内への吸収率から、ヘム鉄を摂取するほうが効率がよいと言えます。

≪鉄分≫を摂取するための料理・食品
(内は100㎎当たりに含まれる≪鉄分≫量です)
食事:牛ひき肉の鉄分たっぷりドライカレー
   牛ひき肉(2.3㎎)、枝豆(2.5㎎)、ほうれん草(0.9㎎)を材料に。    
おやつ:ポップコーン(4.3㎎)、チョコレート(2.4㎎)、レーズン(2.3㎎)

鉄分を摂取するための料理・食品

≪鉄分≫のサプリメントを選ぶポイント
・価格
・ヘム鉄
・飲みやすさ(サプリの大きさ、匂い、1回の摂取数)
・原材料(天然素材、添加物を使用していない)
・ビタミンCが配合されている
・ビタミンB群が配合されている
・動物性たんぱく質が配合されている

また、サプリメントには各商品が定めた用法・用量などの注意事項をよく確認し摂取することをお忘れなく。
実際に商品比較している方も多いので、選ぶ際には参考にしてもいかがでしょか。


鉄分サプリの新定番!美めぐり習慣

 

 

The following two tabs change content below.
コスメ・スキンケア情報

コスメ・スキンケア情報

ブログを見て下さってありがとう!コスメ情報や楽しそうなイベント・ファッションに興味津々の元エステティシャン20代女子です♪自分の健忘録代わりにブログを更新しています。美容の裏技的な事も書いてるので、お気に入りに入れてくれると嬉しいな

コメントは受け付けていません。