-5歳肌を手に入れるための注意!7つのステップ

-5歳肌を手に入れるための基本7ステップを守れば若く見られるのも夢じゃ無い!

目指せ-5歳肌

-5歳肌を目指すための、今日からできる実年齢より若く見える為の7ステップ!を紹介しています。どれも日々の生活の中でできるちょっとしたコツ。コレを守って実践するだけでお肌が変わる!私自ら実践&体験済みなのでおすすめです。

年を重ねるごとに、乾燥、シミ、シワ、たるみ、くすみ、ほうれい線といった肌の悩みが増えてきて嫌ですね(。>_<。)

一方で、年は自分とほとんどかわらないはずなのに、ハリ、つやがあり、しわの目立たない若々しい肌の人を見て、どうしてこんなに差があるのだろう?若く見える人の肌がうらやましいと思ったことはありませんか?

40代、50代年齢を重ねるごとに、見た目がどんどん差が出てくるような気がしていました。
老けて見える人、若く見える人・・・この違いはいったいどこにあるんだろう?

元々の肌の質の違いは、遺伝的な要素にもよるのでしょうが、色やきめの細かさなどは、基本は毎日のお手入れと生活習慣で変わると言われています。。

「諦めるのはまだ早い?」「生活を見直すだけで変われる?」では、理想の肌に近づくためにはどうすればいいのか?

このサイトでは、年齢肌に悩んでいる簡単に出来る、40歳を越えても-5歳肌を実現する事も夢じゃない日々のお手入れ方法を紹介します。

(1)紫外線防止 敵は紫外線にあり!
(2)血行を促進する 透き通る肌の秘密は血流にあり
(3)バランスのとれた食事をする 肌細胞が欲しがる栄養を意識するべし!
(4)便秘を解消する 体の老廃物をしっかり出す事も大事
(5)保湿をする うるおいがハリとキメを復活させる美肌の早道
(6)十分な睡眠をとる 肌細胞を整える時間
(7)たばこをやめ、お酒を控える
まとめ


(1)紫外線防止 敵は紫外線にあり!

紫外線予防美容の世界では常識となった紫外線対策ですが、対策が必要なのは晴れの日だけじゃ無いんですね。曇りの日でも晴れの日の58%~95%、雨の日でも21%~54%の紫外線が降り注いでいます。( ̄▽ ̄)b

この紫外線は真皮にまで到達しコラーゲンやエラスチンを破壊、DNAレベルで皮膚の細胞を傷つけて、深いシワやたるみ、シミなど老化を引き起こすのです。

外出時は日焼け止めを塗ることはもちろん、日傘や帽子などでしっかりと対策をし、洗濯物を干すわずかな時間も油断することがないように注意しましょう。※UVカットのマスクを付けて洗濯物を干すのもおすすめ

うっかり日に当たってしまったら、目には見えなくても細胞は傷つき炎症を起こしています。その日の夜は、できるだけ、低刺激の洗顔料で洗顔>細胞を修復してくれる化粧水などでたっぷり保湿をして休ませてあげましょう。このとき、ごしごし洗いもパタパタパッティングも禁物です。刺激ダメ絶対ダメ!

(2)血行を促進する 透き通る肌の秘密は血流にあり

血行促進新鮮な血液は、毛細血管を通り肌に栄養を運び、ハリ、つやのある健康的な肌を保つための重要な役割を担っています。

しかし、ストレスや運動不足、睡眠不足などの不摂生により血行が悪くなると、肌を支える全ての細胞に栄養が行き渡らず、くすんだような不健康な肌になってしまいます。黄ぐすみや肌の酸化と言われるもの。

美肌はもちろんの事、健康な身体を維持したいと考えるならば、入浴やマッサージ、ストレッチや適度な運動で、血行を促進することも大切です。血流を良くするという点では、入浴が1番即効性があり、おすすめ♪好きな香りの入浴剤を入れ、お湯にゆったり浸かって身体も心もリラックスすれば、血行がよくなり代謝もよくなってお肌の生まれ変わりが促されます。

(3)バランスのとれた食事をする 肌細胞が欲しがる栄養を意識するべし!

バランスの取れた食事

食べ物、飲み物をないがしろにしてはいけませんっ!忙しいからと、コンビニのお弁当や菓子パン、ファーストフードやインスタント食品ばかり食べていませんか?

コンビニの菓子パンや加工食品には身体に有害な食品添加物が必ずと言っていいほど含まれています。食品添加物が体に入ると活性酸素が発生し、増えすぎた活性酸素は身体を錆び(酸化)させ、正常な細胞まで傷つけて老化を進行させ、シワやたるみとなって現れます。

身体は口に入れたものから形成されます。※原材料を必ずチェックしてから購入しよう

身体の酸化(=細胞の錆び)を防いで美肌を保つには、ビタミンや酵素を多く含む新鮮な野菜や果物や、味噌、酢、納豆など抗酸化作用のある食品を積極的に取り入れ、食事は腹八分目を心がけることが大切なんです。

また、白砂糖を摂取すると、体内のタンパク質や脂質が糖と結びついて「糖化」という現象が起こります。

糖化はコラーゲンを傷つけシワの原因になったり、血液が酸性になることで身体の冷えやニキビ、肌のくすみを引き起こすため、白砂糖の使用や甘いものはマイナス5歳肌を目指しているならば、できるだけ控えるようにしましょう。

(4)便秘を解消する 体の老廃物をしっかり出す事も大事

便秘解消

いくら抗酸化作用のある栄養価の高い食品を摂っても、便秘のために腸内の老廃物が邪魔をしてきちんと肌に必要な栄養が吸収されないのでは元も子もありません。

腸内に老廃物が溜まっていると、必要な栄養素が体内に吸収されないだけでなく、老廃物が作り出す有害物質が身体に再吸収され、ニキビや吹き出物、肌荒れの原因にもなってしまいます。便秘気味という人はニキビで悩んでる率高いんですよ~(^-^;)

お肌がきれいな人の腸内は、善玉菌優勢できれいなピンク色をしていると言います。

便秘のない善玉菌優勢の腸内環境を作るためには、ゴボウやひじき、もずくやリンゴなど食物繊維の豊富な食品や、善玉菌が好む玉ねぎやにんにく、大豆やバナナなどを意識して摂るようにし、悪玉菌の好きな肉や脂肪分の多い食品は控えることが大切です。

(5)保湿をする うるおいがハリとキメを復活させる美肌の早道

保湿食事や生活習慣を見直したら、それと同時に肌の保湿も忘れてはいけない重要なポイントです。

クレンジングを選ぶ時は、油分を取り過ぎ乾燥の原因にもなるオイルタイプのものは避け、クリームかジェルタイプのうるおいを守るタイプのものを、洗顔料は古い角質は除去しつつも肌にやさしいタイプがおすすめです。

合成界面活性剤を配合していないタイプの洗顔料を選ぶと残さなければならない油分まで剥がしたりしません。トラブルのある肌は、バリア機能の低下が乾燥に繋がるので、洗顔後はすぐに低刺激で保湿効果が高い化粧水、乳液、美容液などで保湿をするようにしましょう。無添加化粧品なら、なおベストです。

(6)十分な睡眠をとる 肌細胞を整える時間

睡眠

毎晩11時までには床に就き、6時間半以上は良質な睡眠をとるようにしましょう。

夜、強い光が目に入ると、眠りが浅くなり寝つきも悪くなってしまいます。質の良い睡眠のためにも、寝る1時間前にはパソコンやスマホの使用は控えるようにしましょう。

(7)たばこをやめ、お酒を控える

たばこ、酒を止める

たばこは血管を収縮させ血行を悪くするため肌がくすみ、シワが深く刻まれます。お酒の飲みすぎも血液をドロドロにし、お肌の状態に悪い影響を及ぼします。美肌のためにはたばこはやめ、お酒もできるだけ控えるようにしましょう。

まとめ

美肌を手に入れるためには、どんなに高価な美容液を使うよりも、日々の生活における小さな積み重ねが大切です。
食事だけでは摂り切れないビタミンや酵素、コラーゲン、プラセンタなどを必要に応じて上手に取り入れながら、ご紹介した「-5歳肌を手に入れるための7つのステップ」を全て実践することができれば、2週間後には間違いなく今とは違うお肌の自分に出会えるようになりますよ♪

うるおう肌はセラミド量で決まる!

使いきっても365日間返金保証付!

The following two tabs change content below.
コスメ・スキンケア情報

コスメ・スキンケア情報

ブログを見て下さってありがとう!コスメ情報や楽しそうなイベント・ファッションに興味津々の元エステティシャン20代女子です♪自分の健忘録代わりにブログを更新しています。美容の裏技的な事も書いてるので、お気に入りに入れてくれると嬉しいな

コメントは受け付けていません。